• きれい仕上げがポイントのデジカメプリント

    デジカメも年々性能が良くなり、メモリーにストックできる写真の枚数も増えたとはいえ、ちょっと油断しているとかなりの枚数が溜まってしまいます。特に、入学式や卒業式、運動会といった子供の成長記録は、プリントして残したいものです。さて、デジカメプリントの方法としては、自宅でプリントする方法と、ネットや写真店にプリントを依頼する方法に2通りがあります。仕上がりでいえば、圧倒的に写真店やネットに依頼するものがきれいですが、デジカメプリントにかかるコストを考えると、全ての写真を依頼するのは難しいといえますので、これらの方法を上手くミックスさせて活用するのが得策です。そこで、自宅できれいに仕上げるためのコツやネット注文で失敗しないコツ、写真店を活用するポイントなどを紹介します。

    自宅でデジカメプリントをきれいに仕上げるためには

    自宅でプリントするメリットは、圧倒的にコストが安く抑えられることです。また、自分の空いた時間に整理できる点も嬉しいですね。デメリットとしては、意外とプリンターのインク代や用紙のコストがかかる点と仕上げが写真店に依頼したものと比較すると見劣りする点です。自宅プリントをきれいに仕上げるには、インクをプリンター純正のものを使用すること、また、写真専用の用紙を使用することです。最近では、安価なインクが販売されていますが。デジカメプリントには向きません。また、写真専用の用紙も各社から発売されていますが、プリンターのメーカーに合わせることによって、かなり上質な出来栄えになります。さらにこだわるなら、パソコン側でプリンター設定をコントロールし、用紙の種類や色調整を行うと、写真店に迫る仕上がりになります。

    ネット注文で失敗しないポイントと写真店の活用方法

    ネットや写真店に注文するメリットは仕上がりがきれいであること、デジカメプリントだけでなく、フォトブックなどのサービスが充実している点です。デメリットとしては、コスト高になってしまうことです。ネットと写真店の違いといえば、仕上がりの部分で、ネット注文のものは、やや見劣りがします。最近では、ネットで格安プリントを宣伝しているものも少なくありませんが、格安だからといって著しく仕上がりが見劣りするものではありません。サイトによって仕上がりは異なりますので、初めから大量にネット注文するのではなく、最初は少ない枚数で試してみると大きな失敗はありません。写真店の場合、コストが気になるところですが、ネットでL版サイズが1枚5円程度であるのに対し、10円から15円程度と割高になります。もちろん、仕上がりは最高品質ですから、写真店を活用する場合は、ベストショットを厳選してフォトブックなどにまとめると長期間の保管にも最適です。