• デジカメプリントをきれいに仕上げたい人必見です

    現在、画像として被写体を撮影する手段としては一眼レフカメラや、使い捨てカメラ、デジタルカメラ、スマートフォンや携帯での撮影というのが一般的でしょう。そのなかでも、きちんときれいに画像を残したい考える方は、フィルムを使用したカメラか、解像度の高いデジタルカメラを利用しています。撮影後の画像プリントの際に違いが出てくるので、スマートフォンや携帯のカメラでは画像プリント時に、どうしても画質が荒くなってしまい、保存にも適していません。パソコンなどに保存して個人的に楽しむ場合はそれでも良いのでしょうが、誰かに画像を差し上げたりしようと考えている時には、その解像度の低さから引き延ばしてプリントをしてしまうと、まるでブロックの塊のような画質になり、人物の判断すら困難なこともあります。

    画素数の高いデジタルカメラを購入しよう

    良い画質の画像を残したり、差し上げたり、大切な瞬間を記録しておこうと思ったら、フィルムを使った従来の一眼レフカメラのようなものが最適で、事実警察などでの現場検証での撮影はフィルムで行います。それは拡大しても画質が確かであり、フィルムがその後の保存にも適しているからです。デジタルカメラで画質の良い画像を保存しておきたい場合は、多少高価でも画素数の高いカメラを購入するようにしましょう。デジタルカメラの利点はパソコンで自分なりに画像の加工が出来たり、サイズを変更してプリントすることが出来ることです。しかし、画素数の低い比較的安価なデジタルカメラですと、元来の画像の質が悪いので、サイズを変更するとさらに見えにくくなってしまったり、せっかくの画像も台無しになってしまいます。

    デジカメプリントは専門店でプリントしよう

    高い画素数の良いデジタルカメラを購入して画像を映したら、いよいよプリントです。自分のパソコンで画像ソフトを使って、プリンターで印刷しても良いのですが、印刷用紙の質、プリンターの質により、同じ画像でもプリント後の状態がまるで違います。デジカメプリントにはそれ専用の印刷用紙があるので、その用紙を使用しないとプリント後に画像が劣化してきたり、画面通りの色合いが出せなかったりします。プリンターにも同じことが言えます。プリンターの性能次第で画質が全く違ってきてしまうのです。ですので、プリンとして残しておきたいと思う画像はデジカメプリント専門の店舗に依頼するのが最適です。自分では設定が難しいことも専門店のスタッフがしてくれますし、なにより保存状態の良い画像を残すことが出来るからです。